躍進的な事業推進のための設備投資支援事業

【第7回】
東京都事業者様向け
令和6年5月1日(水)~5月21日(火)17時まで
申請サポート受付中!

こんなお悩みありませんか?

製品・サービスの質的向上をしたい…

生産能力の拡大

DXの推進をしたい

東京都 躍進的な事業推進のための設備投資支援事業とは?

本事業は、東京都内の中小企業者
「製品・サービスの質的向上」による競争力強化や「生産能力の拡大」のための
生産性向上を進める際に必要となる機械設備等の導入経費の一部を助成します 。

これにより都内中小企業の中長期的な成長を支え
東京の産業力の強化及び都内経済の持続的発展につなげていくことを目的としています。

さらなる発展に向けた競争力強化 、DXの推進、イノベーションの推進、 後継者による
新たな取組みに必要となる機械設備を新たに導入するための経費の一部を助成します。
※以下、本文中の機械設備とは、税法上の固定資産のうち「機械装置」「器具備品」「ソフトウェア」に該当します。

東京都 躍進的な事業推進のための設備投資支援事業の概要

助成対象者

令和6年4月1日現在で東京都内に登記簿上の本店または支店があり、都内で2年以上事業を継続している中小企業者等
※都外設置の場合は東京都内に本店があること

補助額

・助成率:助成対象経費の1/2~3/4以内
➀ゼロエミ要件2/3~3/4、➁賃上げ要件3/4
・助成限度額:100万円~1億円

実施期間

交付決定日の翌月1日から1年6ヶ月
※ 第7回募集の助成対象期間は令和6年10月1日~最長令和8年3月31日です。

助成対象経費

機械装置、器具備品、ソフトウェアの新たな導入、搬入・据付等に要する経費
・1基50万円(税抜)以上のものに限る。その他要件有り。

事業区分

 

事業区分
内容
Ⅰ 競争力強化 競争力強化及び生産性向上のために新たに必要となる機械設備等を導入する事業であり、 ゼロエミッションへの取組み及び一定の賃上げを実施する場合は、設備投資後、従業員一人当たりの付加価値額(= 「労働生産性」)を年率3%以上向上する計画となる事業。
【事業例】
・ 量産体制の構築 ・ 安定供給体制の確立 ・ 多品種少量生産への対応 ・ 生産工程の改善 ・ 一貫加工の実現 ・製品、技術の品質向上、信頼性確保 ・ 特殊素材、難加工、複雑形状への対応 ・ 短納期への対応 ・コストダウン など
Ⅱ DX 推進 IoT、 AI 、ロボット及びデジタル技術の活用により、新しい製品・サービスの構築及び既存ビジネスの変革を目指す事業展開に必要となる機械設備を新たに導入する事業 であり、 設備投資後、従業員一人当たりの付 加価値額(=「労働生産性」)を年率3%以上向上する計画となる事業。
【事業例】
・機械制御の自動化 ・省力化 ・生産設備の稼働状況把握 ・異常・故障監視による不良率の低減 ・物流の効率化 ・受発注の効率化 ・生産ラインの最適化 ・ロボット導入による24時間稼働の実現 など
Ⅲ イノベーション 都市課題の解決に貢献し、国内外において市場の拡大が期待される産業分野において新事業活動等に取り組むことで、イノベーション創出を図るために必要となる機械設備を新たに導入する事業であり、「新商品の生産」、「新役務の提供」、「商品の新たな生産又は販売の方式の導入」、「役務の新たな提供の方式の導入、その他の新たな事業活動」のいずれかの内容に合致するもの。 かつ、 設備投資後、従業員一人当たりの付加価値額(=「労働生産性」)を年率3%以上向上する計画となる事業。
【9つの産業分野】
➀防災・減災・災害対策分野 ➁インフラメンテナンス分野 ➂安全・安心の確保分野 ➃スポーツ振興・障害者スポーツ分野 ➄子育て・高齢者・障害者支援分野 ⑥医療・健康分野 ➆環境・エネルギー・節電 分野 ➇国際的な観光・金融都市の実現分野 ➈交通・物流・サプライチェーン分野
Ⅳ 後継者チャレンジ 事業承継を契機として、後継者による事業多角化や新たな経営課題への取り組みに必要となる機械設備を新たに導入する事業 であり、 設備投資後、従業員一人当たりの付加価値額(=「労働生産性」)を年率3%以上向上する計画である事業 。
【承継方法】
① 同一法人における代表者交代による事業の承継
② 個人事業における廃業、開業 を伴う事業譲渡による承継
③ 個人事業における廃業を伴う、個人事業主から新設 法人 への事業譲渡による承継

 

助成対象経費

Ⅰ 競争力強化
Ⅲ イノベーション
Ⅳ 後継者チャレンジ

【対象経費】
機械装置器具備品ソフトウェア
※ 主に生産や役務の提供のために使用するもの。
※ ソフトウェアAの助成金交付申請額は300万円以上1,000万円以下となります。

【1基当たりの下限額】
1基50万円(税抜)以上

Ⅱ DX推進

【対象経費】
機械装置 器具備品 ソフトウェア
※ 主に生産や役務の提供のために使用するもの。
※ ソフトウェアAの助成金交付申請額は300万円以上1,000万円以上となります。

ソフトウェア
※ 生産や役務の提供には使用しないが生産性向上に寄与するもの
・顧客対応、販売支援 ・決済、債権債務、資金回収管理
・会計、財務、資産、経営 ・総務、人事、給与、労務、教育訓練 等
※ ア、イ、ウのいずれかを必須とします(エ単独での申請は不可)。
※ ソフトウェアBの助成金交付申請額はウ・エを合計して1,000万円以下となります。

【1基当たりの下限額】
50万円(税抜)以上

申請スケジュール

申請予約期間

令和6年5月1日(水)~5月21日(火)17時まで

申請受付(書類提出期間)

令和6年5月8日(水)~5月24日(金)17時まで
※国(デジタル庁)の電子システム「Jグランツ」にて申請することになります。
なお、Jグランツを利用するには事前に「GビズIDプライムアカウント」の発行が必要です。
GビズIDの発行には、約1~2週間の期間を見てください。
gBizIDプライムの申請方法については、下記記事を参照ください。
gBizIDプライムの取得について!

申請の流れ

第7回 躍進的な事業推進のための設備投資支援事業 スケジュール

1.「ネットクラブ会員登録」をする。
※「申込フォーム」への入力は「ネットクラブ会員サービス」へのご登録が必要です。
ネットクラブ会員サービス

2. 助成金の申請予約をする
令和6年5月1日(水)~5月21日(火)17時まで

3. 申請書類を提出する
令和6年5月8日(水)~5月24日(金)17時

こんなお悩みありませんか?

壱市コンサルティングのサポート内容

事業計画から補助金支給までを一貫サポート

助成金申請サポート業者のほとんどは、助成金の採択までしかサポートしてもらえません。
しかし、採択後の書類作成や手続き、トラブル対応に疲弊する経営者も少なくありません。
弊社では、採択後から補助金獲得まで一貫してサポートいたしますので、ご安心ください。

各業界に精通した
中小企業診断士がサポート

製造業、IT、商社、メーカー等、専門分野をもった専任の中小企業診断士がサポートします。
経営コンサルタントとして、補助金の申請サポートだけに留まらず
事業の推進や融資・資金調達など事業者様にとって最適なご提案をいたします。

最短3日以内に
お打ち合わせ可能

各回の〆切に合わせて予めスケジュールを調整しており、迅速な対応が可能です。
まずは、3分で入力可能なお問い合わせフォームにてご相談ください。

山口 晋壱市コンサルティング代表

山口晋(株式会社壱市コンサルティング)
認定経営革新等支援機関ID:107613000510
経済産業大臣登録 中小企業診断士(登録番号420415)
不動産業界にて約18年間に渡り、不動産売買仲介、ビル管理運営などの業務に従事し、
経営コンサルタントとして独立開業。
ものづくり補助金、事業再構築補助金、などの大型補助金・助成金の申請サポートに携わり、合計約70件以上、累計採択率約90%以上の成果をあげる。
建設業、製造業、情報通信業など補助金・助成金の対象となる業種にも幅広く対応している。
「中小企業診断士の認知度とブランド力向上のため、人生をかけています。」
壱市コンサルティングホームページ

料金について

事業計画書の作成・電子申請のサポート・面接の準備支援
着手金:15万円(税別)
成功報酬:交付決定額の10%
※助成金額によりご相談、上限額有り

実績報告サポート
15万円 ※税別

会社名・屋号

役職

お名前必須

会社所在地必須

メールアドレス必須

電話番号必須

- -

ホームページURL

新規事業の予算

お問い合わせ内容必須

個別相談希望日 ※個別相談をご希望の方は、候補日を2~3つお教え下さい。

利用規約

送信いただいたお客様の個人情報は、当社で責任をもって管理させていただきます。当社個人情報保護方針(プライバシーポリシー)につきましては、こちらをご覧ください。

PAGE TOP
MENU